リビジョンを削除する『Better Delete Revision』の使い方

リビジョンを削除する『Better Delete Revision』の使い方1

WordPressではデフォルト(初期設定)の状態では投稿記事を「下書きとして保存」や「プレビュー」をした際に、リビジョンが自動的に行われる設定になっています。

リビジョンとは、投稿記事の編集中に何らかの問題(ブラウザがいきなり閉じてしまった、PC画面が固まってしまった)によりトラブルが生じてしまった場合に、リビジョン保存されている状態まで復元できる機能です。

便利な機能である反面、問題点としてリビジョンが行われる度に新しい記事IDが発行されサーバーの容量を増やしていってしまいます。

その結果、サイト自体が重くなりアクセスがあっても表示が遅くなったりしてしまいます。

リビジョンを制限するプラグインは

の記事でお伝えしています。

上記の記事でリビジョン制限の設定を行ったものの、サイト作成が行われてからすぐであれば問題は無いのですが、サイト運営を結構行ってからリビジョン制限を行った場合には過去のリビジョンがたまってしまっているわけです。

この記事では、過去のリビジョンを削除してサーバーの負担を軽くするための『Better Delete Revision』というプラグインの使い方をお伝えしていきます。

Better Delete Revisionをインストールする

管理画面からインストールする場合

siteguard-plugin

管理画面のメニューからプラグイン新規追加をクリックしましょう。

検索窓に『Better Delete Revision』と入力して、キーボードのEnterで検索が開始されます。

Better Delete Revision検索画面

Better Delete Revisionを確認して今すぐインストールをクリックしましょう。

Better Delete Revisionインストール選択

 自動的にプラグインのインストールが始まります。インストールが完了してそのまま使用する場合はプラグインを有効化をクリックして完了です。

Better Delete Revision有効化

直接ダウンロードする場合

downloadボタン

Better Delete Revisionを直接ダウンロードする場合は左側のDOWNLOADボタンをクリックしてダウンロードすることができます。

細かい解説は

を参考にしてください。

Better Delete Revisionの使い方

このプラグインに関しては特に設定をする必要はありません。

有効化することで、過去のリビジョンを削除する準備の完了です。

では、管理画面の 設定Better Delete Revision をクリックしましょう。

「Better Delete Revision Manager」という画面が開きます。

「You have posts.」では、〇記事の記事数があるということを教えてくれています。

「Since you started using Better Delete Revision, redundant post revisions have been removed!」では、プラグインを導入してから〇記事分のリビジョンを削除しているということを教えてくれています。

Better Delete Revision Manager日本語訳1

リビジョンを削除する

過去のリビジョンを削除する場合はCheck Revision Postsボタンをクリックします。

Check Revision Postsボタン

たまっていたリビジョンの一覧がタイトル表示されます。

削除する場合はそのまま下にスクロールしていき、Yes,I would like to delete them!(A Total Of 〇〇(削除する総数))をクリックします。

過去のリビジョン一覧画面

これで削除完了です。

データベースを最適化する

このプラグインはリビジョンの削除以外にも、データベースを最適化させる機能も備わっています。

管理画面の 設定Better Delete Revision をクリックして「Better Delete Revision Manager」画面を開きます。

最適化させる場合は、Optimize Your Datebaseボタンをクリックします。

Optimize Your Datebaseボタン

残念ながら下記の例とする画像では対象が無かったので表示されなかったのですが、データベースに問題がないかのチェックが行われます。

問題がなければOK表示がされ、問題があればNG表示がされます。

NG表示があった場合はその下のOptimize WordPress Datebaseボタンをクリックすると最適化されます。

データベースの最適化ボタン

おわりに

プラグインは有効化していなくても、インストールしているだけでもサイト表示速度などに影響を及ぼしているといわれています。

極力ならば不要なプラグインは削除しておきたいところです。

『Better Delete Revision』でリビジョンをすっきりと削除してしまえば、冒頭でも紹介した『Revision Control』というプラグインでリビジョンの制限を行っておけばあとはあまり使う必要もありません。

一度使用したら、Better Delete Revisionのプラグインは削除してしまってもよいのではないかと思います。あなたの用途によって有効活用してみてください。

[記事公開日]2016/07/15

最新情報、定期購読にはFacebookページが便利です。

ブログ吹き出し使用素材1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

やっ得べき!Googleウェブマスターツールの登録方法

やっ得べき!Googleウェブマスターツールの登録方法

GoogleウェブマスターツールとはGoogle社が提供している無料サービスです。 サイトからの集客やアクセスアップを図りたい人には必須の…

おすすめ記事

Now!!

当サイトのテーマ(テンプレート)

WordPressテーマ「AN (tcd014)」
ページ上部へ戻る