GoogleウェブマスターツールとBingウェブマスターツールのメタタグの確認と『All in One SEO Pack』への連携方法

GoogleウェブマスターツールとBingウェブマスターツールのメタタグの確認と『All in One SEO Pack』への連携方法

WordPressのプラグインの『All in One SEO Pack』では、GoogleウェブマスターツールBingウェブマスターツールの連携をするために各ウェブマスターツールのメタタグを挿入する必要があります。

すでにGoogleウェブマスターツールとBingウェブマスターツールの設定を終わらせている場合には、メタタグの確認方法が意外とわかりにくかったりします。

この記事では、GoogleウェブマスターツールとBingウェブマスターツールの各メタタグの確認と『All in One SEO Pack』への連携方法を解説していきます。

各ウェブマスターツールの設定が終わっていない場合は、


を参考にしてみてください。

Googleウェブマスターツールのメタタグの確認方法

Googleウェブマスターツールへログインしていきます。

ウェブマスターツールにログインをクリックします。

gwmt-bwmt-meta

Googleウェブマスターツールに登録しているGmailアカウントでログインしましょう。

ログインが完了したら、All in One SEO Packに連携したいサイトの右側のサイトを管理をクリックします。

gwmt-bwmt-meta1

ドロップダウンでメニュー表示されるので、ユーザーを追加/削除をクリックしましょう。

gwmt-bwmt-meta2

ユーザーと所有者画面が開きます。画面右側のサイト所有者の管理をクリックします。

gwmt-bwmt-meta3

サイトの所有者として確認した画面が表示されます。すぐ下の別の方法で確認するをクリックすると

gwmt-bwmt-meta4

確認方法画面となるので、HTMLタグの部分にチェックを入れるとmetaタグが表示されます。

この部分はメタタグだけはコピーしにくいので、すぐ下の例を表示をクリックすると更に例が表示されるのでその部分のメタタグの方がコピーしやすいです。

content=” メタタグ ”のメタタグの部分だけをコピーしてAll in One SEO Packの方へ貼り付けていきます。

gwmt-bwmt-meta5

GoogleウェブマスターツールをAll in One SEO Packへ連携させる

WordPressの管理画面のメニューからAll in One SEOの上にカーソルを合わせるとさらに細かいメニューが表示されます。

General Settingsをクリックしましょう。

gwmt-bwmt-meta6

下へスクロールしていき、Webmaster Verification部分のGoogle Webmaster Toolsに先ほどのメタタグを貼り付けます。

gwmt-bwmt-meta7

最後に必ず設定を更新をクリックして終わらせましょう。

gwmt-bwmt-meta

Bingウェブマスターツールのメタタグの確認方法

Bingウェブマスターツールへログインしていきます。

bing-wmt-t7

Microsoftアカウントのメールアドレスパスワードを入力してサインインをクリックしましょう。

bing-wmt-t8

ログインすると、あなたがBingウェブマスターツールへ登録しているサイトの一覧が表示されます。

All in One SEO Packに連携したいサイト覧を選択しましょう。

gwmt-bwmt-meta10

左側のメニューから 自分のサイトの設定所有権の確認 とクリックしていきます。

gwmt-bwmt-meta11

サイトの所有権の確認画面が開きます。オプション2に表示されているのがmetaタグとなります。

例の方に表示されているメタタグをコピーしましょう。(その方がコピーしやすいです。)

content=” メタタグ ”のメタタグの部分だけをコピーしてAll in One SEO Packの方へ貼り付けていきます。

gwmt-bwmt-meta12

BingウェブマスターツールをAll in One SEO Packへ連携させる

WordPressの管理画面のメニューからAll in One SEOの上にカーソルを合わせるとさらに細かいメニューが表示されます。

General Settingsをクリックしましょう。

gwmt-bwmt-meta6

下へスクロールしていき、Webmaster Verification部分のBing Webmaster Centerに先ほどのメタタグを貼り付けます。

gwmt-bwmt-meta8

最後に必ず設定を更新をクリックして終わらせましょう。

gwmt-bwmt-meta

おわりに

今回の記事は質問などで寄せられる声が多かったので補足として公開しました。

All in One SEO Packの設定とGoogle・Bingウェブマスターツールの設定って結構面倒ですよねぇ・・(´Д`;)

最初は訳もわからなく労力もかかるものですが、これだけ終わらしてしまえば記事を公開していく度に後から返ってくるものは大きいので必ず設定しておくことをオススメします。

[記事公開日]2015/01/13
[最終更新日]2016/07/18

最新情報、定期購読にはFacebookページが便利です。

ブログ吹き出し使用素材1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

商用利用OK!画像・写真素材を無料(フリー)で配布しているサイト

サイトやホームページ、ブログ、ネットショップ、セールスページやランディングページ作成などで必要不可欠となるのが画像や写真の素材です。 PCの…

おすすめ記事

Now!!

当サイトのテーマ(テンプレート)

WordPressテーマ「AN (tcd014)」
ページ上部へ戻る